Travel

一世紀以上も変わらぬ灯り。ドイツ生まれのハリケーンランタン「Feuerhand Lantern」

一世紀以上も変わらぬ灯り。ドイツ生まれのハリケーンランタン「Feuerhand Lantern」

100年以上経った今でも、愛され続けているランタンがある。ドイツの銘品「Feuerhand Lantern (フュアハンドランタン)」は、1893年にドイツ人技師のヘルマン兄弟とエルンストニーア兄弟の手によって誕生し、1902年には生産拠点となる「Hermann Nier Feuerhandwerk」を立ち上げ、1914年に「Feuerhand」の商標を取得。一世紀以上続くロングセラー、フュアハンドランタンが生まれた。 ドイツで生まれ、今なおドイツで作り続けられているフュアハンドランタン フュアハンドランタンは「台風や嵐が吹いても火が消えない」ランタンとして評判を集め、いつしか「ハリケーンランタン」と呼ばれるようになった。当時はまだ電灯が普及しておらず、一般家庭はもちろん軍用としても重宝され、その実力は世界にも広がり、1926年には「Firehand」の商標でアメリカでも登録されるまでに成長。誕生から約30年で、名実ともに世界ナンバーワン灯油ランタンとなる。   日本でも購入できる「Feuerhand Lantern Baby Special276(フュアハンド ベイビースペシャル276)」は、当時から作り続けられている同ブランドの顔。構造はそのまま、ボディーには亜鉛メッキが施され、さまざまなカラーリングで展開されている。製造はすべてドイツHohenlockstedt(ホーエンロックシュテット)の同社工場によるもの。100年以上続く「Made in Germany」が何とも誇らしい。   フュアハンド ベイビースペシャル276の構造について見ていこう。このランタンは灯油もしくはパラフィンオイルを燃料とする。燃料が芯に染み込むことで火が灯り、温められた空気が上部から放出される。一方で新鮮な空気が両サイドのチャンパー(管)を通ってバーナーに送り込まれ、燃焼が促進される仕組みだ。 火力調整ハンドルを回すと芯(ウイック)が出てくる。毛細管現象によって灯油が芯を伝わって先端まで染み込む。 燃料として使用するパラフィンオイル。もちろん、灯油も使えるが、煤(スス)が出てしまい、後片付けにちょっと手間がかかる。高純度石油系燃料のパラフィンオイルを使えば、黒ずむこともないので楽。 シンプルな構造ゆえ、修理は専門知識なく行なえる。メンテナンスも難しいことはない。それゆえ、昔は一般家庭の必需品だったものが、今ではアウトドアズマンが好んで使うようにもなった。現在では同じくドイツを本拠地とするペトロマックス社がフュアハンド ランタンの製造権利を持っており、ペトロマックスの加圧式灯油ランタンと合わせて市場を牽引。世界中のアウトドアズマンがペトロマックス“グループ”のランタンを使用している。なお余談だが、フュアハンドと人気を二分する存在が、1840年にアメリカ・ニューヨークで誕生した「DIETZ」。こちらは現在、中国で製造されている。 アウトドアユースとしてのフュアハンド ベイビースペシャル276 昨今のキャンプブームでは、さまざまなスタイルが生まれている。まるでホテルのようなグランピングや、サバイバル的に過ごすブッシュクラフト。はたまたひとりで楽しむソロキャンプなど、実に多彩だ。テントひとつとってもかつてのオールドスクールなロッジ型、ベーシックなドーム型だけではない。   インディアンが使うようなティピー型や、まるでサーカステントのようなベル型、ツーポール型。投げるだけでそこそこ立つ、ポップアップテントなども新しい。まさに日進月歩なアウトドアシーンにおいて、化石のようなフュアハンド ベイビースペシャル276は、クラシックスタイル・ブッシュクラフト寄りの人たちに愛用されている。   LEDライトやガス&ホワイトガソリンランタンと比べて圧倒的に光量が小さい。ゆえに、メインランタンとして便利かと言えば、そうではない。キャンドルランタンと同じぐらいなのが、フュアハンド ベイビースペシャル276だ。それでも前述のような高性能ランタンだと明る過ぎる。ムードを大事にしたいという人たちが好んで使用している。   焚き火の灯りを中心に、手元を照らすのはフュアハンド ベイビースペシャル276。使うごとに風合いも増していく、まさに相棒とも言える存在。何でも高性能なものが良いわけではない。小さな灯りはそう語っているかのようだ。 ボディーの色で、火を灯したときの雰囲気も変わる。限定色も出ており、プレミアランタンとして人気が高い。2020年はパールブラックベリーだった。

モッズとロッカーズとレインボーパレードの街、イギリス「ブライトン」の魅力

モッズとロッカーズとレインボーパレードの街、イギリス「ブライトン」の魅力

イギリスと言えば「ロンドン」。多くの日本人がそう思っているはず。だがそれは「日本といえば東京」と言っているようなもので、そもそもその国の一番有名なところしか見ていない。日本各地に素晴らしい場所があるように、イギリスにも一度は訪れたい、訪れてほしい都市や街、場所が多々ある。 今回はイングランド南東部の都市「ブライトン(Brighton)」を紹介したい。かつてモッズとロッカーズの大乱闘があったこの街、今では若者文化が根付いたカルチャーの街として、多くのイギリス人の若者が憧れる場所になっている。 ブライトン駅にて。ロンドンから電車で1時間半ほどで到着する。 ブライトンを語る上でモッズとロッカーズは欠かせない 1964年、ブライトンの海岸で若者たちが大乱闘を繰り広げた。細身のスーツにミリタリーパーカーをまとい、ベスパやランブレッタなどのスクーターで移動していたモッズと、革のライダースジャケットに革パンツのスタイルで、トライアンフやノートンにまたがっていたロッカーズ。着ている服や聴く音楽、乗るバイクまで異なるモッズとロッカーズはしばしば抗争を繰り広げていた。 ブライトンの海岸で起きた両者の衝突はその最たるもので、「ブライトンの暴動」「スタイル・ウォー」と呼ばれ新聞沙汰になったほど。その後、この事件は映画『さらば青春の光』(Quadrophenia・1979年制作)となって後世に語り継がれている。 なお、2011年に作られた映画『ブライトン・ロック(Brighton Rock)』は、モッズとロッカーズの時代背景に加え、当時のブリティッシュギャングの抗争を描いたもの。両方の映画を観るとブライトンの歴史がよく分かる。余談だが、ブライトン・ロックは街で売られているお土産の“飴”のこと。金太郎飴のようにどこで切っても同じ絵柄で人気だ。 モッズvsロッカーズの大乱闘の舞台となった遊園地 観光地でもあるブライトンには遊園地「ブライトン・ピア(Brighton Pier)」がある。海のうえに迫り出すようにして建てられたこの遊園地、昼は家族連れや子供たちで賑わい、夜はカップルのデートの場所として人気だ。桟橋からの景色に「この海岸でモッズとロッカーズが抗争したのか」「この桟橋からスクーターが落とされたのか(映画・さらば青春の光より)」などを思う。 ブライトン・ピアの屋内入り口。看板の前がインスタ映えするポイント 施設内には絶叫系ほか、メリーゴーランドのような癒し系もある 「桟橋から飛び込むな」の注意看板。かつての抗争時代にはここから人やバイクなどが投げられたのだろう モッズとロッカーズの抗争があった海岸 マイノリティーに寛容な街 ブライトンでは年に一回、レインボーパレードが開催されるなど、LGBTなどのマイノリティーに対して理解がある街としても有名。肌の色も話す言葉も、性別さえも超えた「人としての尊重」をとても大事にする傾向にある。レインボーパレードが開催されている期間は街全体がお祭り状態。世界各国から人々が参加し、パレードで盛り上がり、パブでさらに盛り上がる。 世界中から参加者が集まるレインボーパレード。パレードの最中は人混みでぎゅうぎゅうな状態。それでもみんな楽しそう ブライトン博物館&美術館(Brighton Museum & Art Gallery)前にて。イギリス国内で最古の美術館としても有名な美術館も、レインボーパレードの日ばかりはお祭りモード モッズとロッカーズが抗争を繰り広げたブライトンの街は、今ではイギリスで一番ラブ&ピースな場所として人々に愛されている。それでもブライトンが今も昔もカルチャーを生む若者の街なのは変わらない。ロンドンも良いけど、1時間ちょっと足を伸ばしてブライトンを訪れてみては。 海岸沿いを走るヴォルクの電気鉄道(Volk’s Electric Railway)。1883年に運行された世界で最も古い電気鉄道だ。鉄道好きにもブライントンの街はおすすめ Author: 早坂英之

「フィッシュ・アンド・チップス」で知るイギリスにおける伝統的なパブの楽しみ方

「フィッシュ・アンド・チップス」で知るイギリスにおける伝統的なパブの楽しみ方

今も昔もイギリス人にとっての憩いの場所、それがパブ(Pub)。どんなに小さな町や村にも必ずパブがあり、その数は日本でのコンビニエンスストア以上だ。それらパブの多くが古い建物の中にあるのは、地震などで建物が倒壊することなく、かつ、古さや歴史を重んじるイギリスならではだろう。 イングランド南東部に位置する都市、ブライトンにあるパブ「THE HARTINGTON」。文字が崩れ落ちて、地元の人からは「HE TIN TON」と呼ばれている。 もし、現地でパブに行く機会があったら建物のなかにも目を配ってみてほしい。ビール片手に中世からの傷や(おそらく)かつての落書き跡などを、想像を膨らませて見つけるのも一興だ。 日本人にとってあまり身近な存在ではないため、「パブって大人がお酒を飲むところでしょ?」と思っている人が多いかもしれない。お酒を飲むところはそのとおりだが、イギリス人にとってパブは、居酒屋でもあり喫茶店でもレストランでもある。 イングランド南東部ケント州カンタベリーにあるパブ「The Dolphin」の中庭にて。 日中に子どもを連れてパブランチして、食後に休憩がてらパブでお茶して、夜は「誰かいるかな?」と、のぞいてみるのがパブの正しい使い方。夜のパブは何件かハシゴするのが当たり前なので、一日に何度もパブに行く。それだけに、イギリス人にとってはなくてはならない存在だ。 大学の構内にもあるパブ イギリスの法律では18歳からお酒を飲むことができる。そのため、大学の構内(校舎内)にはスチューデントパブがあり、日夜学生たちの憩いの場所として利用されていて、非常に活気がある。いくつもの校舎や寮があるような大きな大学では、それぞれにパブがあって、学部棟ごとのパブハシゴも楽しい。 イギリスの大学は「入るのは日本や韓国よりも難しくないけれど、卒業するのは困難」と、言われているが、パブに入り浸り過ぎて勉強がおろそかになっている学生も一定数いる。 お店の人気を左右するパブランチ フィッシュ&チップスのマッシーピー添え。衣がクリスピーでむちゃくちゃ美味しい。 パブの定番ごはんと言えば、フィッシュ&チップスとサンデーミール。フィッシュ&チップスはご存知イギリスの国民食で、タラなどの白身魚にビールを混ぜた衣を付けて、カリッと揚げたもの。そのフライに大振りなポテトフライを添えて、ビネガーをたっぷりかけて食べるのがイギリス流。なお、日本のファストフードなどで食べる細い形状のいわゆるポテトは「フレンチフライ」と呼ばれる別の食べ物だ。 このフィッシュ&チップスと一緒に食べる、マッシーピー(Mushy Peas)も人気が高い。グリーンピースを潰して味付けしたもの。ミントを混ぜることもあり、香りや風味の良さが魅力。オイリーなフィッシュ&チップスに添えることで、一服の清涼剤的な効果もある。 フィッシュ&チップスはどのパブでも看板メニュー。それだけに「うちのがナンバーワン」「この町で一番の味」と、パブの従業員はもちろん、常連客までもが胸を張る。 パブ以外にもフィッシュ&チップス専門店は街中に無数にあり、ケバブでも深夜まで売っているほど。夜にパブをハシゴして、締めのラーメンならぬ、締めのフィッシュ&チップスもイギリスならでは。ビネガーを浸すぐらいたっぷりかけて、むせるぐらいがちょうどいい。 イギリスの大学は「入るのは日本や韓国よりも難しくないけれど、卒業するのは困難」と、言われているが、パブに入り浸り過ぎて勉強がおろそかになっている学生も一定数いる。 ブライトンの街並み。ちょっと歩けばすぐにフィッシュ&チップス屋さんが見つかる。 一方のサンデーミールは日曜日のお昼に家族でパブごはんする定番メニュー。ローストポークやローストチキンに、シュークリームの皮のようなヨークシャープディングを添えて、肉汁たっぷりとグレイビーソースをかけて食べる、ボリューミーなプレートだ。 イギリスの代表的なサンデーミール。ボリュームたっぷりなワンプレートは、ビールとの相性抜群! ヨークシャープディングをグレービーソースに浸しながら食べる、とにかく食べる。 大抵のパブでは前日までの事前予約が必要。パイントビール(568ml)片手にもりもり食べていると、お店の人が「ヨークシャープディングもっと食べる?」と、サービスしてくれることも。 日本では小さいころから居酒屋に行くことはまれだが、イギリスでパブはごはんを食べる場所でもあるので、子どものころから馴染みが深い。フィッシュ&チップスやマッシーピー、サンデーミールを食べていた子どもたちが、大人になってビールを飲みながら、友だちとワイワイ楽しむ。そのパブには共通してルールがあるのを、ご存知だろうか。 子どもも大人も、日曜日のお昼はみんなでわいわいパブミール。 パブのオーダーは目配せ気配せ 平日週末問わず賑わうパブでは、カウンターまわりに注文待ちの客がわらわらと集まる。どのパブでもその場で注文して、商品と引き換えにお金を支払うキャッシュオンデリバリー方式が基本だ。とはいえ、そのカウンターで飲んでいる人もいるので、パッと見、誰が注文待ちなのかわかりにくいもの。もちろんきれいに並ぶということはない。 では、どのようにして注文できるかというと、お客さん同士でだいたいの順番を理解しており、「Who’s next?(次はどなた?)」「Yes, I am. / me.(私です)」「After you.(お先にどうぞ)」など、声をかけながらオーダーが進む。強引に割り込むとまわりにも迷惑がかかり、何しろ他の人の目線が痛い。注文するためにカウンター近くまで行ったら、まわりの状況を見ながら自分の番を待つべきだ。 また、複数人でパブに行ったら、誰かひとりがまとめて注文しにいくのもパブルール。その際、「My Turn.(僕の番ね)」と声をかけて、人数分おごるのが注文しにいく人の役目。2杯目になると他の人が「My Turn.」「Your Turn.」になって、それが3杯目、4杯目となって、仲間内みんなでおごり合う。そのため、飲み干すスピードを合わせるのが重要で、早い人がいると全員のピッチが自然と上がる。 4人で行って4杯飲んだら(全員がターンを終えたら)、次のパブに向かって、そこでも同じターンの繰り返し。それを2軒3軒と繰り返すうちに、お腹がたぷたぷになってきて、もう量は飲めない! となったときにはショットで乾杯&グイッと飲み干す(繰り返し)。ふらふらになりながら、深夜にケバブでフィッシュ&チップスをオーダーして帰路につく。 もちろんこれは極端に「飲む!」という例だが、それでなくても2軒3軒は当たり前。それでも酔いつぶれる人が少ないのは、イギリス人は体質的にお酒に強いのだろう。なお、パブや道端で酔いつぶれるのはマナー違反なので、飲み過ぎには気をつけるべき。ターンもそこそこに「I’m enough.(限界です)」も必要だろう。もちろん、次の日もパブタイムがあるのだから。…